お金を借りようと思う

日刊紙の折込チラシ、街角に見かける宣伝広告や郵便広告などで「負債の整理整頓任せてください」「負債を一括化したくありませんか」という内容の広告を閲覧することが多いです。

そういったものは、「整理屋」「買取人」「つなぎ業者」という通称の悪徳企業の広告のときもあるのです。

このようなものを使った際には自己破産プロセスの中で一番大切な免責許可を受け取れない可能性もありえます。

「整理業者」というのは多重負債者を寄せ集め、相当な費用をもらって債務整頓をしますけれど、結局のところ借金整頓は行われないまま、より一層の借金スパイラルに落ちる失敗が大方と考えてください。

「買取屋」の場合はクレジットカードで家電製品、旅行の利用券を限界まで仕入れさせ、依頼者から買った品物を値段の3割~額面半額で購入するという手段のようです。

債務人は短期には金銭が懐に入りますがカード業者による商品価格の定価の催促が送られてきて、実際は債務を増額させる結果となります。

この際はカード会社相手の詐欺行為ということになって免責をもらえません。

「紹介業者」というのは、有名なサラ金から断られるようになった借金者について業者として融資は全然せずに、金貸しを受けられる違う会社を知らせて、高い費用を要求する業種です。

紹介者は手の込んだ努力で資金提供可能となったかに説明しますが実際には特に何もせず、単に調査の緩やかな企業を伝えているだけです。

この場合だと本当は負債を増やすだけです。
借金で精神科に通うほど追いつめられていた私の体験談

次の記事も読んでね!!

  1. 仕組み
  2. お金を借りようと思う